お問合せ・資料請求

アパートのオーナールームを一新。
「イメージを超える提案が面白く安心感もあった」

2015/11/01更新  マンションリフォーム

間取り・スケルトンデザイン重視収納力UP

tags:, , , , , , , ,

建物種別 マンションリフォーム
築年数 築25年
家族構成 夫婦+子ども1人
リフォーム/リノベーション箇所 リビング・ダイニング,キッチン,収納,寝室,玄関,トイレ,洗面室,その他
リフォーム/リノベーション箇所の面積 66.00平米
こだわりポイント 間取り・スケルトンデザイン重視収納力UP

持ち家のアパートの最上階をリフォームして暮らしたいと考えていたSさん。以前暮らしていた階下の住まいは、息子さん夫婦に譲ることに。「以前もリフォームをして暮らしていたのですが、今回はガラッと変えたいと考えていました」。遊び心を大切にしていたSさんは、デザイン力とコストバランスを重視して、6社を検討されていたそうです。その中で選んでくださったのがSOZOです。「間取りを要望に合わせて変更するだけでなく、SOZOさんは窓から遠くに 見えるスカイツリーが、キッチンからも見えるようにプランニングするなど、他にはない魅力がありました」とSさんにはSOZOを選んだ理由を教えていただきました!

2重サッシや断熱施工で、住宅性能も向上

「LDKを広くしたい」というのも大きな要望の一つで、既存の和室を取り込み大幅にスペースを広くしました。さらに天井も屋根いっぱいまで高くし、そこに古材風の化粧梁を提案しました。壁には断熱材を入れ、窓には2重サッシも採用しました。

お気に入りの家具に合わせて、キッチンなどの造作の色味を現場で丁寧に調整

「以前は白ベースのモダンな内装で暮らしていました。今回はガラッと変えて木のイメージを希望しました」というSさん。この要望を踏まえ、SOZO同社では造作でデザインしたオープンキッチンをご提案。木の色は、Sさんが持っていたダイニングテーブルやイスの色と合うように、現場で丁寧に塗装の具合を調整しながら仕上げました。

LDKを広く、でも収納もたくさん欲しい

「LDKを広くしながら収納も確保する。そんな難しい要望にも対応してくれましたね」と絶賛してくださったのが収納計画。勾配があり、リフォーム前はデッドスペースだった場所に設けたパントリーには、無駄なく棚を設置。LDからは完全に死角になるように設置されています。

以前暮らしていた階下の住まいと同じ広さ

今回リフォームしたお住まいは、間取りが細かく分割され、老朽化も進んでいた持ち家のアパートの最上階。以前は同じアパートの一つ下の階で暮らしていて、住まいの広さは全く同じでした。そのため、広さや使い勝手の善し悪しなどを熟知したSさんの感覚にしっかりついていきながら、ズレのないご提案をすることが重要でした。

デザインと暮らしやすさを備えた全く新しい住空間に

お持ちだったお気に入りのダイニングテーブルとイスの色味に合わせて、キッチンや収納棚、テレビボードなど、インテリアを造作でご提案しました。また、リビングの壁の一部にも、それらと同じ色味の塗装を加えた板材をコーディネート。床と天井には、あえて色味の渋い重厚感のある素材を使い、木のイメージを大切にしながらメリハリのある空間に仕上げています。また、床は防音処理もしていて、階下で暮らす息子様ご夫婦に生活音が聞こえないように配慮しています。

お客様の声

せっかくリフォームをするなら、以前暮らしていた住まいの雰囲気とはガラッと変えたい。こうした漠然とした想いにも、SOZOさんは楽しみながら、そして一緒に相談しながらしっかり形にしてくれる。SOZOさんからは、「変えよう!」という、施主に対しての提案の姿勢がとても感じられました。 

Archives